「視力回復のためには」について

日本眼科学会のガイドラインによって、レーシックをはじめとする屈折矯正手術は、眼科専門医が行うことを定めておりますが、法によって定められているのではなく、あくまで日本眼科学会のガイドラインで定められているにしか過ぎません。
そのため、今現在においても、「レーシック専門医」や「屈折矯正専門医」等といった、実際には存在しない認定医資格の肩書きを表記して治療を行っているクリニックもあるのです。

レーシックの現実問題として、そのような病院で治療を受け、重たい合併症を引き起こしてしまうケースも後を絶ちません。
執刀医の技術に問題があり、レーザーで角膜を薄く削り過ぎてしまうと、眼圧によって角膜が前方に拡張する重たい合併症である角膜拡張症などの事故につながる場合もあるので、とても危険です。

信頼できる病院を探すことは、簡単ではありません。
例えば、治療費を安価にしているから技術がないわけではなく、治療費が高いからといって技術が高いとは必ずしも言えないからです。

当サイト「視力回復のためには」では、視力回復法のひとつであるレーシックに注目して、その手法やメリット・デメリットなどを紹介しています。
みなさんの「いい病院探し」のお手伝いになれたらうれしく思います。

レーシックの起源

レーシックを含む近視治療の起源は、1930~50年代にさかのぼるといわれています。
その当時、近視手術に数々の功績を残した順天堂大学の佐藤勉教授が、“角膜にメスで切りこみを入れることによって角膜のカーブを弱め、視力を矯正するという方法を行っていた”というのがレーシックの誕生だったと言われています。

しかし、当時の技術や設備では、術後に障害が起こることがあった為、日本では、その後の発展はありませんでした。
日本においては、2000年に厚生省の認可がおりて安全性が確認されると共に急速に広がっていきました。

1995年のFDAの認可により急速に普及していったレーシックですが、世界では毎年100万人以上が手術をしているのに対し、日本では、わずかに5万人程度しか普及されていません。

その背後には、「手術は最後の手段であるべき」という医学会の考え方があるようですが、日本では、著名人のレーシック利用などの口コミにより、年々利用者が増えているようです。

Yahoo!News